中華料理はお酢が使いやすい!

私は必ず、ラーメンにもお酢を入れたり、酢豚!そして餃子にも黒酢を付けて食べています。お酢が健康に良い、というのは誰しもが知っていることだと思うのですが、毎日の生活の中に必ず入れるとなるとちょっと大変な気がしますよね。私も結構お酢が好きな方なのですが、料理をするとなるとレパートリーが少なくて、また家族もあんまりお酢の強い料理が好きでないので、なかなか登場しないことが多いです。でもやっぱり健康のためにできるだけお酢を取りたい!と思っていたら、気づきました。メニューが中華の時は、結構な割合でお酢が使われていることを!

酢豚や餃子の他、肉団子の餡にも黒酢が合いますよね。そしてスーラータンメンなんかはバッチリお酢が入っていますね。和食だと酢の物とか(お正月のなますとか)、お魚の酢じめとかしかイメージが湧かないので、なかなか作ろう!という気にならないですが、中華だと結構楽にお酢が取れると思います。

私が特に気に入ってるのは、お酢が入ったスープ。スーラータンメンのスープのあんまり辛くない版です。野菜をたっぷり入れて、出汁は中華だしの素でOK、たんぱく質は豚肉でも鶏でも良し。具が煮えたら、お好みの量のお酢を入れて少し煮て酸味を飛ばし味を整えて、最後に溶き卵を入れて出来上がりです。簡単にできる割にはお酢のコクがでて、なおかつ寒い時期には体が温まる感じがして家族にも好評です。お米入れても、麺入れても良いし、マロニーや春雨いれても美味しいですよ。

何となく、お酢を取ると身体が楽になるような気がして、身体に良いことしてる!感があるので気分的にも満足しますし、個人的にはお酢入りのスープを飲むと、具材に野菜が入っているから、というのもありますが、お通じがかなり良くなります。あと、私個人の感想ですが、お酒を飲んだ(飲みすぎた)翌日は、このスープが無性に欲しくなります。胃腸の疲れがお酢を呼ぶのかしら。

夏になったら、もっとお酢の料理をするんですけど、冬はやっぱりお酢のスープがオススメです!

PR|ショッピングカート|貯蓄|クレジットカードの即日発行じゃけん|家計見直しクラブ|住宅リフォーム総合情報|オーディオ|内職 アルバイト|生命保険の選び方|お家の見直ししま専科|童話|四季の童話集|英語上達の秘訣|英語上達の秘訣|工務店向け集客ノウハウ|優良サイト順